shigiphoto days

FUJIFILM GFXシリーズで撮った写真をつらつらとご紹介。

明けの幻想都市

朝もやに包まれる梅田のビル群。そこに日の出の光が強烈に差し込んでくる…寒い季節ならではの1枚です。

今回の写真は換算335mmのレンズで撮りました。レンズの焦点距離よりも画角が広角になる中判カメラとしては、かなり珍しいレベルの望遠域だと思います。使ったのはMAMIYA SEKOR C 210mm F4.0N + MAMIYA645 ×2テレコン。仕事帰りにフラッと立ち寄ったキタムラでAB品が3000円だったのでお救いしました。SEKOR C 300mmと組み合わせれば600mm!とか、A150mmとの相性が良ければ300mmのレンズ持たずに済む!等の思惑があります。

この日は各種望遠レンズやテレコンの比較のため、朝の六甲に登ったのですが、条件が悪く満足なテストは出来ませんでした。日の出とともに気流が激しくなってしまったんですよね。スーパー逆光、気流の乱れ、2倍テレコン…と画質劣化要素のオンパレード、もっと穏やかな条件でトライするべきでした。でも色とコントラストはしっかりしています。解像力については正直よく分かりませんが…個人的には非常に気に入っています。

ススキの砥峰高原 フィルムシミュレーション比較 CLASSIC Neg.編

長かったこのシリーズもこのCLASSIC Neg.編で最終回です。ちゃんとした?ブログの記事っぽくしてみようと思っていたのですが、結構大変でした。お仕事とはいえブロガーってすごいですね。や、文章書いている人全般か…

最後にCLASSIC Neg.を残したのはマイブームだから。最も使いやすく気に入っているのはPROVIAですが、今使っていて楽しいのはこちらです。ハイライトとシャドウの落差が大きく、色合いも独特なので印象的な写真になるんですよね。更に成功写真と失敗写真の差も激しいです。当たれば満足度は非常に高く、外れると所謂「高画質なクソ写真」を量産することになりますが、この癖をコントロールするために色々考えるのが楽しいのですよ。あと、注意しているのは「エモ」過ぎる写真にしないこと。印象的な色合いとはいえ、やり過ぎるとただの色被りです。過ぎたるは猶及ばざるが如し。何事もほどほど適当が1番だと思うんですよね。

CLASSIC Neg.を使う場合は結構明確な線引きがあって、具体的には

  • 露出は適正以上
  • 明暗差が大きい
  • 緑成分がある
  • カラフルではない

等の要素があれば採用を検討します。逆にローキーだったりシャドウの強い写真は適していないかと…コンクリや石垣、木の幹なんかは苦手ですね。ハイライトは飛びやすいので要注意。この点はダイナミックレンジの広いGFXシリーズはXシリーズに比べて有利です。


山に隠れる寸前の太陽に照らされるススキ。本当の夕暮れまではまだ時間があるのでオレンジではありません。緻密な描写と白い光がマッチしていて美しいです。

(SEKOR A 150mm F2.8N)

遠景でも緻密さとハイライトの傾向は変わりません。

(SEKOR A 150mm F2.8N)

時間経過と角度次第で光の具合がどんどん変わってゆきます。

(SEKOR A 150mm F2.8N)

どっかんフレアが発生。このフレアだけはコントロールが難しい…

(SEKOR A 150mm F2.8N)

唯一GF63mmで撮った写真です(今日の写真は他は全部SEKOR A 150mm)。画角とフレア以外はぱっと見違いが分かりませんね。

(GF63mmF2.8)

 

ということでススキ写真をいろんなフィルムシミュレーションで現像してみたシリーズ、これにて終了です。厳密に各シミュレーションの比較はしていませんが、同じ被写体、同じ時間、同じ光源でも雰囲気は大きく変わり、その違いは見て頂けたかと思います。頑張った過去編はこちら。

 

PROVIA編

www.shigiphoto.com

Velvia編

www.shigiphoto.com

Eterna編

www.shigiphoto.com

CLASSIC CHROME編

www.shigiphoto.com

ススキの砥峰高原 フィルムシミュレーション比較 CLASSIC CHROME編

発表当初は採用率の高かったCLASSIC CHROME、今ではすっかりCLASSIC Neg.にポジションを奪われてしまいました。しかしヨーロッパの辺りでは大人気とか。「これしか使わない!」という方もいると聞いたことがあります。

このフィルムシミュレーションはクールでカッコイイ雰囲気が合うので、太陽が山に隠れ静かに気温が下がるタイミングで使っています。青とシャドウ部分が特徴的ですね。CLASSIC Neg.と比較しての利点は暗所が汚くならないこと。シャドウ部分がスッキリしているんです。

GF63mm、緻密な描写ですね。

(GF63mmF2.8)

こちらはSEKOR A 150mm。背景の空がクールなので、フリンジ狙いで絞り開放にしました。マゼンタもグリーンも出ていて狙い通りです。このレンズも優秀ですが、やはり開放はちょっとだけ隙がありますね。でも個人的には全然オッケー。

(SEKOR A 150mm F2.8N)
 
Eterna編

ススキの砥峰高原 フィルムシミュレーション比較 Eterna編

普段は全く使わないフィルムシミュレーション、Eterna。全フィルムシミュレーションの中で最も「分からない」選択肢です。しかし今回は珍しくありました。逆光でコントラストが低下した写真があったので、元々軟調なEternaで誤魔化した次第です。

MAMIYA645用のSEKOR A 150mm F2.8Nはとても良いレンズなのですが、唯一逆光に弱いという難点があります。まずコントラストの低下が始まり、一定の閾値を超えた瞬間グワっとフレアが発生。この傾向はMAMIYA645用レンズでは共通ですね。末尾に「N」の付いている後期型?シリーズでも避けられません。まぁススキ写真は常に逆光で撮りますから…比較的新しい設計とはいえオールドレンズということでしょう。この辺は理解してコントロールしなくてはいけませんね。

コントラストは低く滋味な色合いなものの、白く輝くススキが美しいのでEternaの選択は間違っていないと感じます。

(SEKOR A 150mm F2.8N)

背景の黒い森は露出オーバーのモノクロフィルムみたいになっていました。現像時に範囲補正で思いっきり調整しています。前ボケが浮かんでいる様で面白かったのでチョイス。

(SEKOR A 150mm F2.8N)

逆光で思いっきりフレアが出た写真もあったのですが、そちらは違うアプローチで現像したので、いずれ紹介したいですね。

 

Velvia編

www.shigiphoto.com

 

ススキの砥峰高原 フィルムシミュレーション比較 Velvia編

昨日のPROVIAに引き続きVelvia編です。実は前回と今回は写真としてあまり違いはありません。どちらも完成イメージは同じで、より近い方をチョイスしているだけです。色のコントラストが欲しい時にVelviaを使う感じですね。

(GF63mmF2.8)

(SEKOR A 150mm F2.8N)

(SEKOR A 150mm F2.8N)

(SEKOR A 150mm F2.8N)

(GF63mmF2.8)
 
PROVIA編

ススキの砥峰高原 フィルムシミュレーション比較 PROVIA編

毎年恒例、秋の砥峰高原にススキを撮りに行ってきました。春や夏に散策しても気持ちの良い場所ですが、やはり1番美しいのはこのシーズンですね。

今回は大量に写真を撮ってしまったので、フィルムシミュレーションを写真毎に変えながら(1番マッチするものを都度チョイス)現像しました。使用したのはPROVIA、Velvia、Eterna、CLASSIC CHROME、CLASSIC Neg. の5種類。5回に分けてご紹介しようと思います。

私は写真は必ずRAW現像する派です。フジ機の色表現の良さは写真業界では有名な話ですよね。私が富士フィルムのカメラを長年使っているのもそれが理由です。しかしそれでも、撮って出しjpegは私のイメージに完全には合致しません。よく「jpegで十分だ」という意見を目にしますが、それは400字詰め原稿用紙1枚分ぐらいの理由を噛み殺して「十分」と表現しているだけではないのか?と思っています。自分の感覚と撮って出しjpegのイメージが100%合致するような幸運な人はそうそう居ないと思うんですよねぇ。

話がそれました。なぜ今回フィルムシミュレーション比較をやろうと思ったかという話です。今回は撮影が楽しく、300毎以上ススキの写真を撮っていたので、現像にも写真にも途中で飽きてしまったんです。これはイカンメリハリを付けなければ!ということで意図的にフィルムシミュレーションをばらけさせて現像した次第。なので思いついたのは撮影後です。こういうことができるのはデジタルの利点ですよね。(もちろんフィルムで色々考えて1枚ずつ丁寧に撮るのもありだと思います。)

ようやく本題、今回はPROVIAで現像した写真のみをチョイスしました。スタンダードのフィルムシミュレーションだけあって自然な描写ですね。でも凄みがあると思います。

(GF63mmF2.8)

(SEKOR A 150mm F2.8N)

(SEKOR A 150mm F2.8N)

(SEKOR A 150mm F2.8N)

(GF63mmF2.8)

(GF63mmF2.8)

(GF63mmF2.8)

この撮影は夕暮れ前の1時間ぐらいで撮影しました。秋の西日なのでどんどん光が変化し、同時にススキの表情も変わっていきます。太陽が高い間は爽やかな銀色、夕暮れに近づくにつれて黄金色になるんですね。

ここ数年は毎年撮影しているので撮影スポットやタイミング、映える焦点距離は押さえているつもりです。個人的には50mmがバランス良くてオススメ。なのでGF63mmF2.8を持って行きました。サブレンズは換算120mmのMAMIYA645のSEKOR A 150mm F2.8Nにしました。パッっと見この2本のレンズに違いは無い様に見えませんか?(もちろん等倍だと明確な差はあるんですけどね)