shigiphoto days

FUJIFILM GFXシリーズで撮った写真をつらつらとご紹介。

65:24 - 喫茶好き

私は珈琲が好きです。紅茶も好きです。喫茶という行為も好きですし、喫茶店という空間も好きです。(なんだか同じようなフレーズを書いたような記憶が…)

 

オシャレなお店は楽しいですが、どちらかと言えばクラシックなお店の方が好みですね。欲を言えば年配でダンディな御店主だとより嬉しい。女性なら優しい雰囲気のおばちゃんですしょうか。

どうも自分の両親以上の方にお茶を入れてもらうのが好きみたいで…流石にプルプル震える程のご年配だと「自分で淹れます!」と言いたくなりますけどね。

春のノスタルジックスナップ?

フィルムシミュレーション ノスタルジックネガを使って春のちょっと間の抜けた空気をスナップしてやろう、被写体は街並みではなくあくまで春の雰囲気、5〜10枚ぐらいのセットでブログに載せよう。職場から最寄り駅までの間で、週末に飛び込むちょっと浮かれた気分で撮ればいいはずだ!…という算段で撮影したのが昨日の写真です。

www.shigiphoto.com

 

結果は50点といったところ。半分ぐらいは狙い通りの写真で、残りの半分は「いつもの自分の写真」でした。ノスタルジックネガ、ちょっと外すとすぐに「アンバーでちょっと色被りしただけ」の写真になってしまいます。フィルムシミュレーションは素敵な反面、どうしても「それだけ」になってしまいがち。プロファイルを中庸なAdobe標準にした時に何も残らない様な写真はつまらないですからね…カメラは超高画素、フィルムシミュレーションもよりどりみどり、絶対確実なGFレンズ、一見恵まれている様に見える撮影環境ですが、気を抜くと写真ではなく高画素な画像メモになってしまいます。

 

今回は「いつも通りの自分の写真」、つまりメイン被写体が強いものです。春の雰囲気を撮りたかったのに…なかなか難しいものですね。

春のノスタルジックスナップ

GFX100Sを導入し、撮影とブログ更新を頑張った3月の反動か、もろもろのペースを下がっている今日この頃です。仕事やら家事育児が忙しいこともありますが…

今回は金曜夕方、仕事帰りに撮影した写真です。最近7時半出勤なので定時ベースだと16時半に仕事が終わります。まぁ残業がなければの話ですが。先の金曜は残業が無かったのでふらっと撮影することができました。

春のちょっと間の抜けた、ボワッとした雰囲気の街を撮ろうと思ったのでフィルムシミュレーションはノスタルジックネガ固定です。

「間の抜けた春」をテーマに撮り歩いたものの、後で見返すとわりとパキパキしたコントラストの高い写真が多く、あれれ?となりました。無意識に自分の趣味が出ているのかも。今日の写真はその中でもテーマに合致したものをチョイスしました。次回は別バージョンをご紹介しましょうかね。

ミツマタの森で

私がよくバイクで走る道、国道429号線の青垣峠にミツマタがたくさん咲いていました。今まで何度も通っていたのにその存在に全く気づいていなかった自分にビックリするぐらい、群生して咲き誇っていました。というかミツマタという花を今回調べて初めて知りましたよ…


こんな花です。杉林の足元に咲いている感じですね。写真にも写っていますが、背景に渓流があってとても綺麗な場所でした。

 

群生している場所はこんな状態です。こんな感じの場所が至る所にあります。フルフェイスのヘルメットを被っていても香りに気づくぐらい。

 

ミツマタと同じ高さの目線にすると向こうが見えませんね。

 

ここに到達する前に桜の写真を撮って、その後ミツマタに出会い、満開の花を2種類も見ることが出来ました。やっぱり春なんですねぇ。それにしても桜とミツマタは同じ季節に満開になるのに全然雰囲気違ったな。

 

ちなみに429号はこんな所です。この区間は酷道という程ではありませんが、ガードレールは無いので道を外れると谷底まで一直線。写真で改めて見るとすごい所走ってるなぁ。

2021桜終わり

先の週末は奈良の吉野へ桜の撮影へ行く予定でした。今年は高地も低地も桜の開花が早く、吉野もその例外ではありません。いつもより1週2週早い感じですね。上千本中千本が満開だそうで頑張って早起きして行こう!と前日は21時就寝、準備万端のハズでした。

起きたら4時半でした…どうも目覚ましが鳴らなかったみたいです。(家族に確認したところ、鳴ってなかったよ?とのこと)

吉野は混雑防止のため週末は朝9時から交通規制されます。なので夜明けから8時半ぐらいまでが活動可能時間なんですね。ウチから吉野まではノンストップで移動しても2時強、4時半に起きた時点でタイムアップです。頑張れば小1時間は撮影できたと思いますが、週末初日の土曜にその気力はありませんでした。朝4時半に突きつけられる敗北感、厳しい。。。

仕方がないのでバイクメインで北へ適当に走り、良い桜があれば撮る方針に転換して出発しました。出発時点ではテンションダダ下がりでしたよ…まぁ走り出せば気持ちは上向くんですけどね。バイクは偉大です。

 

道中で撮った桜メインでない写真はこちら。

www.shigiphoto.com

www.shigiphoto.com

 

北に向かってバイクで走っていると、西脇を超えた辺りから桜の木が明らかに大きいということに気づきました。幹は太く背も高い。枝ぶりも立派で満開の桜は見事です。古木が多いのでしょうか…こんな感じ。V7さんと比べると随分と大きいでしょう?

今までは吉川の川沿いで撮っていたのですが、来年からは氷上へも足を伸ばそうと思います。県下でお気に入りの場所が見つけられてハッピー。いわゆる名所ではないので人出もまばらですしね。

 

早めに出発したので朝日に照らされる桜も撮れました。フィルムシミュレーションを変えて鳥遊ぶのは楽しかったです。

1枚目はエテルナ、2枚目はVelvia。現地では彩度の高いVelviaの方が良く感じるのですが、現像時はあっさり目の方が綺麗に思えてくる不思議。私はエテルナの方が好きですね。

桜の写真は難しいです。でもそれ故に撮影者が(桜に限らず)何を美しいと感じるか、が分かる被写体なのでは?と思います。バロメーター的な。

 

2021桜V7さん

今年も撮りました。V7さんと桜の写真です。バイク興味ない方には「何故バイクが写ってるの?」と思うかもしれませんが、自分の好きなものに桜が花を添えてくれるのは嬉しいのです。

個人的に1枚目と4枚目がお気に入り。特に4枚目はとても立派な桜で、もうちょっと引きで撮った方が良かったかも…という悔しさが混じっているので、記憶に残る1枚になりました。

小京都の街でコーヒーゼリー

たつの市にあるお気に入りの喫茶店「エデンの東」でコーヒーゼリーをいただきました。コーヒーを飲みながらコーヒーゼリーを食す、オススメです。

 

お店脇はV7さん写真を撮るのにお気に入りの場所。小京都の街にマッチする我がバイクを見ると嬉しくなりますね。GFX100Sでは初撮影です。カメラやレンズが変わるたびに撮ってるかも。