shigiphoto days

FUJIFILM GFXシリーズで撮った写真をつらつらとご紹介。

ダルマ遊び

京都は舞鶴にあるレトロ自販機の聖地、ドライブインダルマにて。

ラーメンのチャーシューが美味しかったです。自販機からニューっと出てくるドンブリがちょっと可愛い。

奥さんが大興奮(1泊2日の旅行で2回行った)で、もうすぐ3歳の娘も「旅行で1番楽しかった」と言っていたことが印象的でした。天橋立ビューランドのアスレチックとちゃうんかい…

飛龍の景 - 天橋立 -

天橋立に行ってきました。丹後半島近辺へのツーリングでは高確率で訪れるものの、残念ながら通過するだけで終わることの多い名所です。なんせ日本三景の一角ですからいつも大混雑、人ごみは苦手なので敬遠していました。ちゃんと観光したのは10年ぶりぐらいでしょうか…

今回の写真は天橋立ビューランドから撮ったものです。天気は悪かったのでモノクロで。龍が飛んでいるかと問われるとハテナですが、風光明美な場所なのは間違いありません。リフトで山を登る最中、標高が上がって天橋立の全景が見えたときはちょっと感動でした。

クラシックネガ試写

GFX50Rのファームアップがありました。結構大規模なアップデートで、その中でも特に私が嬉しかったのがフィルムシミュレーション「クラシックネガ」の追加です。確かX100Vと同時に公開された新しいやつ。GFX50RはX-T2と同じ世代の画像処理エンジンなのに、最新のフィルムシミュレーションが配信されてびっくりしました。エンジン的に私には関係ないと思っていたので…

で、早速試してみました。アスペクト比は65:24、レンズはGF50mmF3.5です。LightroomCC側がまだ未対応なので私にしては珍しくJpeg撮って出し。

名前に恥じぬ古いネガフィルムの様な色合い。写ルンですを彷彿とさせる描写。渋い色合いなのに彩度が高いのが良いです。プロビアやクラシッククロームは赤が締まらない傾向があって、「レッド」が「朱色」になっちゃうんですよね。これを回避する選択肢が増えた事は嬉しい。

ただし特徴的な色合いなので多用は避けたいです。全部同じ写真になっちゃう。被写体と気分次第でたまーに使うぐらいでしょうか。あと、ローキーよりはハイキーに撮る方が綺麗な気がしました。まぁこの辺は好みでしょうね。

湿度の森

須磨の離宮公園にて。

子供の散歩と紫陽花撮影を兼ねて行ってきました。市内の紫陽花名所、森林植物園には劣るもののたくさんの株があるので楽しい場所ですね。

この日は雨上がりに行ったので蒸し暑く湿度の高い状態でした。不快指数は高いものの、うまく撮影できれば「日本の梅雨」を表現する事ができます。

で、結果は…まぁまぁでしょうか。お目当ての紫陽花はしっかり撮れましたし、濃い緑の森も押さえることができました。でも折角蒸し暑い日に頑張ったので、もっと湿気た雰囲気で撮りたかったですね。