shigiphoto days

FUJIFILM GFXシリーズで撮った写真をつらつらとご紹介。

smc PENTAX-FA 645 200mm F4で撮る向日葵

PENTAX645用の望遠単焦点レンズ、smc PENTAX-FA 645 200mm F4を購入しました。既に645用レンズはMAMIYA645 Sekorシリーズを何本か持っていますが、PENTAXはどうなのだろう?と気になったのです。レンズもお安いですしね。この200mmレンズは1万円、マウントアダプターはTwitterのフォロワーさんにお安く譲っていただいたので、かなりリーズナブルに入手することがで出来ました。ありがたい。

実は既に私のブログで何度か写真は掲載しています。

www.shigiphoto.com

 ちょっと気になるのが、このレンズが現行品ということ。PENTAXのレンズをFUJIFILMのカメラに装着する…なんだか両メーカーに悪いことをしている気がします。レンズフードが大きいのでPENTAX × FUJIFILMのロゴが超目立つんですよね。。。

 何度か使ってみた感想としては、1億画素のGFX100Sで使用する場合、被写体を選べば楽しめるな、と思いました。純正GFレンズと比較して解像力とヌケは圧倒的に劣りますが、発色は良いです。解像力も今回のようなネイチャー系なら必要十分でしょう。逆に緻密な遠景の都市風景ではちょっと力不足ではないかと思われます。

MAMIYA645用レンズと比較してどうか…はまだ検証出来ていません。季節的に大気の透明度が低く、レンズ性能の限界を試すような風景写真を撮影するチャンスが巡ってきていない状況です。台風一過の日か、秋口にでも三脚立ててしっかり比較したいとは思っています。


では写真はここから。ひまわり畑は開園前の8時台に到着したのですが、撮影は灼熱でした。小一時間ウロウロしていると茹だってしまう。湿度で透明度も低いから空の青も現像が難しいし…嫌になりますねぇ。

 

 

 

 

久しぶりに望遠レンズを使用して、私は中望遠が好きだなぁと改めて実感しましたね。被写体の良さがギュッと圧縮されるのが気持ちいいです。

 この日は同時にGF50mmも持っていっていました。換算40mmのレンズに付け替えると、その画角の広さに衝撃を受けました。超広角レンズか!?と思った程です。感覚の基準が望遠になると、標準域でも十分広く感じますねぇ。

親子3代

先日、実家の整理をした父からカメラ用品を防湿庫ごと譲り受けました。父が昔使っていたカメラはもちろん、祖父が使っていた品も含まれています。こういう目で見て分かる品を並べるとカメラ好きの家系なんだなぁと実感しますね。

ここ数年はフィルム使っていませんが、各カメラに1本ずつ詰めて何か撮ろうかな。

  • Canon F-1:根っからのキャノン党だった祖父。コンデジもIXY、ベタ褒めしてたなぁ。
  • Nikon 28Ti:メーカー問わずなんでも買っていた父、上部のメーターがお気に入りだった模様。
  • Rollei 35:舶来品のフィルムカメラに憧れていた孫(ワタシ)

GFX100Sのお伊勢スナップ - 憩いのおかげ横丁

神宮への参拝を済ませておかげ横丁へ。修学旅行生の制服も何種類か見かけました。その効果か結構賑わっているように見えますね。内心「ここでドッシャーとゲリラ豪雨来たら(来た瞬間は)シャッターチャンスよなぁ。」なーんて考えていました。自分は折り畳み傘を車から取ってきていたので余裕での思考です。

 

 

赤福氷に追い赤福。至福じゃー。

 

お昼ご飯はてこね寿し。伊勢の郷土料理だそうです。カツオと生姜と酢飯がサッパリな一品でした。ちなみに結構量が多かったです。

 

五十鈴川沿いに移動すると、表通りからグッと人通りは減ります。しかし思い思いに過ごす人達を見ると(いい意味での)自由気ままって良いなぁと感じました。

 

外宮、内宮、おかげ横丁と3回に分けたお伊勢参り、写真はここまでです。しっかりご挨拶できましたし、写真も撮って食事も楽しんで、大満足な1日でした。

GFX100Sのお伊勢スナップ - 暗い内宮

お伊勢参り、外宮の次は内宮です。少し前まで日が差していたのに、だんだんドンヨリした雲行きになって、参拝中に遠くからゴロゴロ聞こえてくる状態になってしまいました。外宮で晴れてたので油断して折り畳み傘クルマに置いてきたよ!!!

明るい外宮写真はこちら。

www.shigiphoto.com

 

外宮の時点で敷地の大きさに驚いていましたが、内宮は更に広くて関心しきりです。玉砂利をざくざく言わせて進んでいる間、「曇っててよかった!」と心底思いました。真夏の炎天下で参拝するのは危険を感じる広さですね。曇ってくれたおかげで参拝の難易度は確実に下がっていました。

曇りの影響で杜の中は薄暗くなるものの、GF80mmとの組み合わせでは手振れも気になりません。明るいレンズと手ブレ補正は自由だ…個人的には好物のシチュエーションということもあって撮影は捗ります。GFX100Sの強みが生きる撮影でした。


五十鈴川と御⼿洗場。GFX100Sを購入してからPRO Neg. HiとVelviaが良く感じます。Xシリーズとはちょっと色の深みが違うように感じるんですよね。

 

 

 

唯一、光が差した瞬間。

 

 

よく手の入った杜。里山とか、バイクで走る杉林とはやっぱり雰囲気違いますねぇ。

 

写真は撮って無いですが、正宮の造りは熊野本宮大社に似ているように感じました。ここに祀られている方が岩戸に隠れたのか…と思うと、知識に実体験が上乗せされて面白いですね。こういう楽しさを学校でもっと教えてあげれば良いのに、と思います。

GFX100Sのお伊勢スナップ - 明るい外宮

先日、友人のすふぃも氏と一緒にお伊勢参りへ行ってきました。

実は伊勢の神宮に来るのは初めて。寺社仏閣は好きなので出雲大社や熊野本宮大社をはじめ、元伊勢やご近所のお寺にはお参りしてきました。しかし伊勢の神宮は何故かご縁が無かったのです。「江戸時代なら一生に一度のお伊勢参りが今日なのか!」なーんて少し神妙な気分で出発しました。

道中は写真談義に夢中になっている間に目的地に着いた感じ。普段は丸一日バイクで移動しているので、車で3時間強の行程は一瞬でした。旅は道連れ、ありがたいです。


ではここから外宮の写真です。この日は近畿各地でゲリラ豪雨が流れてきて正直伊勢も危ないなぁと思っていました。しかし幸運な事に雨にはほぼ降られず、むしろ外宮を撮影している時は日が照っているぐらい。木々の合間から差し込む光は神宮の中だとありがたい感じでしたね。

 

 

 

 

 

個人的に2枚目と最後の写真が気に入ってます。プリントしようかなぁ。

お伊勢写真、もう少し続きます。

梅雨の終わりと真夏の始まり

先の週末はちょうど梅雨と真夏の間のようなお天気でした。さんさんと日が照ったりどんより曇ったり。時折のぞく空は透明度が高くて青い…みたいな感じです。

今日の写真も天気が変わるタイミングで撮りました。どんよりと梅雨を感じさせるうねった雲があるなぁと思っていたら、スーッと雲が移動して、遠くに入道雲の子供みたいなのが見えてきたのです。ああ真夏が来たんだなと実感しました。

暑いのは嫌いですが、せっかくいいカメラを持っているので「夏」を感じる写真を撮りたいですね。