shigiphoto days

FUJIFILM GFXシリーズで撮った写真をつらつらとご紹介。

GFX100S × GF80mmF1.7 のファーストレビュー

FUJIFILMの新製品、GFX100SとGF80mmF1.7Rを購入してしまいました。GFX50Rを下取りに出せば手が届く事に気づいてしまったのです。まだ1日しか使っていませんが、現時点での感想を書いてみます。

(写真は友人のM10-P × SUMMILUX-M F1.4/50mm ASPH.をお借りして撮影。贅沢だ…)

 

デモ機を触った時の感想はこちらをどうぞ。

www.shigiphoto.com

 

GFX100Sの決め手

感想の前にまずは購入の決め手となった部分を挙げておきます。

  • 一般用途では最高画質
  • サイズ
  • 見た目
  • シャッター

私は常に「可能な限り高画質で写真を撮りたい」と思っているので、1億画素というスペックは非常にマッチします。光学系も1億画素を想定していますし。それに、あと数年は陳腐化しないだろうというのも後押しになりました。(私の好きな65:24アスペクト比にした場合でも5000万画素あるのは嬉しい)

「サイズ」「見た目」はGFX50R比になるのですが、まぁ単純な好みの問題ですね。ギュッとマスを集中させたデザインにやられてしましました。あとGF50mmと組み合わせると可愛いと思っています。

最後の「シャッター」はX-H1から始まるフェザータッチシャッターが好きだった、というものです。特に今日1日使っていて1番満足している部分で、非常にシルキーで官能的なシャッターフィーリングでした。最初に使ったカメラがレンズシャッターだったので、静かなフィーリングが好きなんですよね。シャッターを切った瞬間に「上手く撮れた!」という実感と共にこのシルキーなショックが手に伝わってくるのは気持ち良いです。(一眼レフの「ドカシャコン!」が好みの方には向かないかも…)


こういう湯気や霧は高画素機のパワーが発揮される対象だと思うんですよね。でもちょっと前ピン。カメラをまだ使いこなせていません。

 

GF80mmF1.7の決め手

  • 6×7版の105mmF2.8相当のボケ量
  • 大口径の見た目

以前Youtubeで立体感を「人の目の見え方からどれだけ乖離しているか(ボケるか)」と定義している解説動画があり、GFXと80mmF1.7の組み合わせはフィルムの6×7と105mmF2.8に等しい、というのを見て以来気になっていたのです。正直GFXシリーズはフィルムの中判カメラと比較するとボケ量は劣るので、その弱点を挽回するレンズが欲しかったのですよね。あと、単純に大口径レンズの見た目が好きなんです。大きなガラスを見ると気持ち良くなるタイプの人間なので…


最短距離で撮影。

 

試写しての気づき

基本的に非常に楽しく、軽快に、ボケ量を満喫しながら撮影することが出来ました。ただ「1億画素スゲー!」「ボケ量スゲー!」「カメラカッケー」みたいな記事はあまり好みではないので、とても良かった点ととても悪かった点を挙げようと思います。そういうベタ褒めはYoutubeや他のブログをご参照下さい。

Good!
  • シャッターフィーリング
  • チルト液晶の引き出しフィーリング
  • 疲れないグリップ

シャッターフィーリングは先に述べた通り、チルト液晶はウエストレベル状態に引き出す時の感触が非常にスムーズで気持ち良かったです。GFX50Rはもっとガサツでしたし、バリアングルモニターの様に頼りなくもありません。FUJIFILMのカメラもようやく「官能性」を手に入れつつあるのか…と思える部分です。嬉しい。

3つ目のグリップの件、80mmF1.7との組み合わせで重量は1.7kg程のはずですが、3時間ほど撮り歩きしても全く腕や手は疲れませんでした。私はちょっと手が小さいので正直グリップは大きめに感じていましたが、平均的な男性ならもっと快適に使えると思います。


中央の木の存在感と背景のハイライト部の粘りは凄いです。この写真はイメージ通りに撮れて気に入っています。

 

Bad!
  • EVFの色&撮って出し

めちゃくちゃ青かぶりしています。LCDと全く色が違う。GFX100SはまだLightroomでサポートされておらず、RAW現像できないので撮って出しJpegしか運用できません。なので撮影時に細かく設定を調整しようと思っても、EVFとLCDどっちを信用したらいいの?となります。というか乖離が酷すぎて疑心暗鬼に。軽快に撮影できるポテンシャルはあるにも関わらず、このせいで撮影に集中できません。しかもiPadに取り込んでみるとちょっと微妙だった→なのにどうしようもない、という体験は非常に残念。もともとRAW現像派でしたが撮って出しが嫌いになりました。。。(X RAW STUDIOはレスポンスの問題から却下)


 いつもの海。絞り開放で最短付近だとフリンジは盛大に発生します。グリーンとマゼンタ両方出るので補正は面倒かも…

こういうヌメっとした水面はGFXならでは。

クラシックネガの夕日。なんかGFX50Rよりシャドウが強くなった気がします。

以上、1日使ってみた感想と、合間合間にサンプル写真を混ぜてのご紹介でした。購入検討している方の参考になれば幸いです。

65:24 - 写真のオナヤミ -

もう2月も終わりですね。まだまだ寒い日があるものの、確実に季節は進んで冬も終わりに近づいています。春の迫った冬景色というのは物憂げに見えませんか?


今日の話と写真は無関係です。タイトルの内容は、定期的にやってくる「自分の写真はこのままでいいのか?」という焦りから発生する悩みについて。

前々からたまーに書いていますが私はスナップや人物写真が苦手です。撮るのはもちろん見る(感じとる)のは特にダメ。私は自分が「美しい」と感じるものを写真評価の軸とするのですが、そこから外れた(私のスィートスポットが狭い説)写真はどうにも分からず意味不明なのです。

「いいね!」「エモい!」と、もてはやされる写真も私の評価軸で選定すると「自分の撮った写真だったら即削除!」となる事が多く、ただし理性では「自分の感覚範囲外だから評価できないだけ」ということも分かっていて、そうすると焦ってしまうわけです。自分は写真の一部しか味わえていないのではないか?蚊帳の外なのではないか?といった感じで。ついでに人の撮った写真も貶したくはありません。みんな頑張って撮ってますからね。


悶々と考えてみると、私は他人に心の底から興味がなく感情移入できないのだな、という結論に至りました。例えば、「生活の雰囲気を感じる対象+流行りのフィルム/シネライクな表現」→ 生活の雰囲気は検知(感情移入)されないので単にフィルム/シネライクなだけの中身のない写真だ…となり、「海外で撮られた力強いポートレート with 技巧を凝らした写真表現」→ 人物からは何も感じないので、凝り過ぎ故に不気味なオーラの滲む写真…といった塩梅に感じます。食べ物で例えると「ソースは完璧なのにメインのステーキは無味乾燥なスポンジを食べてる気分」と言えば分かりやすいでしょうか。(分かりにくいか…)

ただし自分の感覚以外のところで「そんなはずはない!」とも分かるので、感覚とそれ以外で大幅な乖離が生まれて焦りに繋がるのです。この悩みの解決策は今のところ見つかっておらず、自分の中でもどうしようもないなぁと思っているのですが、せっかく色々考えたのでブログに書いてみた次第です。オチはありません。。。


ただ少し光明も見えています。最近よく渡辺さとるさんのYoutubeを視聴しているのですが、その中で「アンリ・カルティエ=ブレッソンの写真は構図が素晴らしい。要素の配置が完璧なんだ」という話をされていて、これは私のスナップ写真(with 人物)のやり方と似ているのですよね。

この辺の記事はそのアプローチが成功しているものです。

www.shigiphoto.com

www.shigiphoto.com

100年近く前の、しかも非常に評価されている写真家と似たアプローチをしていたんだ!という気づきは(自惚かもしれませんが)非常に励みと自信になりました。おかげで無いものねだりはしょうがないので、自分のできる事で上達しようと思えています。何年撮り続けても写真の道のりは長いです。まぁそれが面白いのかもしれませんね。

my favorite cafe time.

お茶が好きです。お茶を飲むという行為が好きですし、喫茶店という空間も好きです。飲み物の種類も深くは拘りません。珈琲、紅茶、緑茶、ジュース、どれも美味しいですよね。お抹茶はちょっと敷居が高いですが…。喫茶店で友人やお店の方とお喋りするのは楽しいですし、じっくり本を読むのも悪くありません。スピーカーに拘っているお店で聞く音楽は他所では体験できない音です。(この文章を書いていると、だんだん「喫茶」という文字まで魅力的に思えてきました)


この話にオチは特になくて、喫茶店好きだけど何故かな?とつらつら考えていたら色々出てきた、というだけの話です。まー少し考えただけでこれだけ出てくるのですから相当お気に入りなんですねぇ。

もちろん、喫茶店で撮る写真も好きですよ。「撮る」行為も「撮った」写真のどちらも、です。

伊和神社の森で

宍粟市にある伊和神社にて。

今まで前を通過するたびに気になっていたものの、移動の中途半端な位置にあるおかげでご縁のなかった神社。龍野を起点として北上するので休憩場所にはちょっと近すぎるんですよね。今回はトイレ休憩のためにお向かいの道の駅へ立ち寄ったので、良い機会とばかりにお邪魔した次第です。

鎮守の森に踏み込むともう一気に別世界。国道の脇にあるにも関わらず非常に静かです。森も境内も広くとても「良い」雰囲気。なんと無く熊野本宮大社や出雲大社と似通った威厳を感じる場所でした。


まぁそんな場所でも、参拝を済ませご挨拶した後は撮影開始です。(No Photo!の掲示は無かったので本殿も撮らせていただきました)

花粉の季節なので杉の木に囲まれた空間は内心穏やかではありませんね…

冬の地味ーな緑とクラシックネガは相性いいと思ってます。(楽しい)

比較的暗めの空間だったので、光と影のコントラストを探しながら撮影しました。自分の好みを追いつつも神社の雰囲気を収めることができたと思います。また花粉のシーズンが終わったらお参りに行きたいですね。

天然の冷蔵庫?

昨日の写真から更に寄って撮影した1枚。

www.shigiphoto.com

緑の葉っぱも茶色の落ち葉もフレッシュ?に保存されています。この領域の上には常緑広葉樹の枝が広がっていました。ということは茶色の落ち葉は別の場所から流れてきたはず…一体いつからこの場所にあるんでしょうね。

冬の夏日

先の週末はとても暖かでしたね。私の住んでいる地方でも最高気温は20度を超えていたと思います。思わずバイクで遠出してしまいました。

これだけ気温が上がると冬の間は雪や氷に阻まれて走れなかった北の山々にも分け入ることができます。ふと谷川を見ると水が透明で物凄く綺麗に見えました。差し込む光も力強いです。しかし緑の調子はまだ冬状態。なんと無くチグハグなのが面白くて写真に撮りました。

(写真2枚目の手前が濡れてるのは私がちょっとハマった痕跡です…遊びすぎたか)