shigiphoto days

FUJIFILM GFXシリーズで撮った写真をつらつらとご紹介。

GFX50RをWebカメラにした話

先日、富士フイルムからX/GFXシリーズの一部カメラをWebカム化するソフトがリリースされました。

fujifilm-x.com

ちょうどリモートワーク中、しかも私のPCにはカメラが付いておらず、iPhoneをWebカメラとして使っていた事もあって、試してみることにしました。外部機器を利用する技術的、心理的ハードルが低かったんですね。

で、富士フイルムのサイトにある説明通りに設定すると…何の問題もなく接続できました。確認したのはZoomだけですが。iPhoneの時は設定をゴニョゴニョする必要があったので拍子抜けです。

こんな感じ。

f:id:shigitoki:20200530224042j:image

レンズはGF50mmF3.5を使っていました。しかし画角が狭い、AFをよく外す、(背景が窓で超眩しいので)露出が安定しない、という理由でMAMIYA SEKOR C 45mmF2.8Nに変更しました。絞りとフォーカスはマニュアル、SSとISOはオートにしたところ、上記の問題は解消して快適に使える様になりました。Web会議用なのでAFの必要性はないですね。マミヤのレンズも生産からウン十年経ってからWebカムのレンズとして使われるとは思ってなかったでしょう。

f:id:shigitoki:20200530224048j:image

で、実際に会議に使ってみると…アピールせずとも他の参加者の方は気付いてくれました。嬉しいですね。具体的には

  • 画像がキレイ
  • ピントバッチリ
  • 背景がボケてる(バーチャル背景必要ない)

等々のコメントをいただきました。

Zoomの画質設定がどうなっているのか分かりませんが、GFX50Rを使う事でiPhoneのインカメラよりは向上した様です。価格差ほどの効果は無いでしょうが…スチルでバリバリ使っているのでそこは気にしない。

ということで、GFX50Rを流行りのWebカム化した感想でした。実は6月からは通常出勤に戻るので活躍したのは1回限りでしたが、第二波が来るかもしれませんし…また機会があれば使いたいですね。

青の湖畔で

以前、GWの頃は海が綺麗…という写真をのせました。しかし綺麗なのは海だけではありませんでした。湖も綺麗です。ひっそりと?バイクで走ってきました。

日本ではあまり見ない、色の濃い青です。行ったこと無いけどニュージーランドみたい。

湖畔にて。

海や湖の色って何が影響するんでしょうね。透明度はなんとなく分かるんですが…

GFX50Rの見る緑 vol.3

雲で太陽が陰り、光が入らなくなってしまいました。コントラストとSSが下がってなかなか厳しい状況。

鮮やかな写真は撮れなくなったのでテーマを「禅」をに切り替えて撮影を続けました。光を失っても苔には「渋い」という良さがあるんですよね。

苔や緑の葉っぱは大好きな被写体です。どんな状況でも工夫して撮りたいと思っていますし、どんな撮影でも楽しめますね。そういう被写体が分かっていることは幸いだと思います。

GFX50Rの見る緑 vol.1

GFX購入前に情報収集しまくっていた時、一番を背中を押してくれた(突き落とした)のはフォトヨドバシのFUJIFILM特集でした。

photo.yodobashi.com

レビュー本をフォトヨドが作ったよ!の紹介ページだったんですが、作例写真が苔だったので一気に魅了されてしまい…以降、ずっと自分でも同じ写真が撮りたいと思っていました。

購入したシーズン的に今まで叶いませんでしたが、季節が進みようやく撮影することができたのでご紹介。思い通りに撮影できてとても楽しかったです。


岩に根差す木。ダイナミックですごい力ですね。

MAMIYAのオールドレンズ「SEKOR C 150mm F4.0」レビュー

はじめに

タイトルの通りです。MAMIYA645用の中望遠レンズで、最も古い初期型のものを購入してみました。

M645システムって結構レンズが充実しています。中判システムをしっかり作れるマミヤって凄いメーカーだったんですね。既に所有しているSEKOR ZOOM ULD C 105-210mmや、Mamiya MACRO A 120mmは素晴らしい性能で気に入っています。細かく言えば現行のGFレンズには一歩劣りますが…

このM645用レンズは同じ焦点距離でも世代が何種類かあり、古いレンズの性能は劣るそうです。ですが情報が全然ありません。マイナーだったんですかね。。。ならば、実際に買って確かめてみようと思いったった次第です。既に所有しているレンズは最も新しい世代なので、今回は初期型レンズを買ってみました。SEKOR C 150mmF4.0です。(写真は参考のためGF45mmF2.8とセット)

 

不遇なマミヤレンズ

このレンズをチョイスした理由は単純、安かったから。某オークションで1080円という驚愕の価格でした。他にも、105-210mmのズームレンズは5000円で入手していたり、お買い得なレンズが何本かあります。

で、この辺の情報収集のために古いカタログを購入してみました。すると、105-210mmのズームレンズは定価158,000円。価格の大暴落っぷりは衝撃です。もちろん高いレンズが素晴らしい訳ではありませんが、昔はお高かったレンズが超格安で入手できるのは嬉しかったり。でも需要の少ないオールドレンズってちょっと悲しい存在ですよね。。。

 

レビューと実写

で、実際に撮影してみた感想は「初期型レンズは力不足、しかし魅力ある描写」でした。GFX50Rで使用すると明らかに解像力分足です。純正GFレンズ > 最終型M645レンズ >> 初期型M645レンズ…といった塩梅ですかね。ぱっと見は悪くないのですが、等倍まで拡大するともやーっと解像していません。これが気持ち良くない。ただしこれは5000万画素のGFXで使用した場合で、2000万画素クラスのセンサーなら気にならないと思います。


砂浜を最短でF4.0→F5.6→F8.0と撮影したのでご紹介。

F4.0

F5.6

F8.0

 


作例など。

カリカリの描写ではないので、水はトロリとした描写になります。この辺をうまく使いこなせれば楽しそうですね。 

色表現は良くも悪くもオールドレンズ。空のオレンジはきれいです。でも等倍にするとフリンジやモニョっとした木々やらの粗は目立つかな。

 

おわりに

マイナーなMAMIYAレンズの中でも人気がなさそうなレンズ「SEKOR C 150mm F4.0」についてレビューしてみました。というかちゃんとしたレビュー記事を書くのは初めてなのに、その対象が超マイナーレンズという…誰得?な一本になってしまった。。。まぁ150mmレンズは特に情報が少ないのでいつか誰かの役に立てばいいですね。