shigiphoto days

FUJIFILM GFXシリーズで撮った写真をつらつらとご紹介。

65:24 - 百人一首を想う -

自宅から1番近い国宝、太山寺で紅葉の写真を撮ってきました。残念ながらピークは過ぎており、目で見て楽しむ事は出来なかったものの、撮影はこなす事が出来ました。

真っ赤な紅葉は望めなかったので、CLASSIC Neg.をベースにフィルムシミュレーションを変えながら撮影する事にします。


シャドウ部分の質感が生々しくてリアリティありますね。百人一首の十二単みたい。

上の写真はCLASSIC Neg.(強)、この下の写真はCLASSIC Neg.(弱)といった感じ。現像で強弱つけてるだけですけどね。

少し主張を控えめにしたくなったのでPRO Neg.Stdに変更です。出番は少ないもののここ1番で力を発揮するタイプ。

「からくれない」とはこんな感じでしょうか。元の色が真っ赤っかなのでPROVIAです。

小休止の苔。緑とコントラストが欲しかったのでVelvia。

ACROSで本殿(の廊下)。

建築と紅葉を絡めたくて右往左往しています。太山寺の建立は700年ほど前だとか。その頃の人も同じ様な景色を見ていたのでしょうか。

駐車場にはV7さんが。現代に帰ってきた気がしましたね。

最後の2枚はPROVIAを使いました。色々設定を変えながら撮影し、最後は基本に立ち返った形です。やはりスタンダードは使いやすいですね。

65:24 - 徒然 -

今日の写真は詰め合わせです。ただ、どの写真もいいなと思うものを見つけてわざわざカメラを出して撮ったもの。

GFX50Rを買ってから、なるだけ頑張って些細な引っ掛かりでも写真を撮る様にしています。前段階としては、頑張ってカメラを背負う様にしています。「高いカメラだから使わなきゃ!」→「重いカメラ背負ってるから撮らなくちゃ!」と言った思考ですね。

そろそろ購入して1年が経ちます。果たしてカメラに相応しい写真は撮れているのか?自問自答です。

65:24 - ススキの思い出 -

砥峰高原のススキ、普通に撮影しながらも65:24アスペクト比でも押さえていました。自分の感動が大きかったタイミングで使っています。

意外なことに全写真SEKOR A 150mm F2.8Nで撮っていました。このアスペクト比は特定のレンズでしか使わない!という運用では無いので、この時は150mmが良かったのでしょう。

65:24 - 移動 -

65:24アスペクト比の写真が溜まってきました。ここから3回ぐらいはこのアスペクト比写真になりそうです。

今回は移動に関する写真をピックアップ。バイク乗りなので移動は自然な行為、動くだけで楽しいです。ただ個人的には自分に行動の裁量権が無い乗り物はあまり楽しくありません。飛行機とか、新幹線、特急列車は非日常感が強いので例外ですが。


車両。

(SEKOR A 150mm F2.8N)

(GF63mmF2.8)

トンネル。

(GF63mmF2.8)

(GF63mmF2.8)

海わたり。

(SEKOR A 150mm F2.8N)

空からの景色

上空から撮影した写真です。飛行機は全然乗り慣れていないので上空からの景色は楽しいですね。知っている土地を上から見ることができるのは興味深い。


大鳴門橋です。時期的に渦潮はありませんでした。上空から渦潮が見えたら面白いでしょうねぇ。

南の海のどこか。よく見たら島があります。珊瑚礁っぽいです。

己の習性

先日の記事で「南国感のある写真を撮っていて安心した」的なことを書きました。

が、Lightroomのライブラリを見返すと同じ様な写真が…2枚ピックアップしてご紹介です。


宮古島の波打ち際。

須磨の波打ち際。

線対象だ…2枚の写真の時差は1週間。レンズも場所も気候も違うのに、同じ様な写真撮っているのを目の当たりにしてしまってちょっと愕然としました。演出の方向性も同じです。まー両方とも私が撮ったので当たり前なのですが。。。

須磨の海も近年は結構綺麗です。最近の大阪湾は水質改善して透明度が高いんですよね。なので写真上はますます差が小さくなる始末。幸い、現像時の気候が違うので色の方向性だけは逆方向です。


www.shigiphoto.com

この時の記事で「ブレないのは良い」みたいなことを書いてますが、発言に自信が無くなってきました。己の道を突き進むのか、自己改革に取り組むべきか…どうしたもんですかね。

どこでも同じ写真

宮古島で撮ったものの、南国の離島っぽさが皆無の写真をピックアップしてみました。これ、神戸や別の似たロケーションで撮れるよね…?といったものです。

が、幸いなことに数は少なかったです。大抵の写真には特徴的な地形、植生、建造物が写っていました。なんだか一安心。


黄昏時。綺麗でイメージ通りなものの、南国感はありませんね。手前の植物はススキですし。そういえば、宮古島で馴染みのある植物はススキと松ぐらいでした。

日の入り。夕日撮影が不発に終わって引き上げる最中、仄かな虚しさが表現できそうだったのでCLASSIC Neg.で撮影しました。

ある日の晩御飯。ハンバーグ美味しかったしお洒落な店だったけどロケーションの説明要素はありませんね。